【勃起不全】原因は?恥ずかしがらずに病院へ行こう!

症状が続く場合には病院へ

勃起不全(ED)は、セックスをするのにペニスが十分な勃起を維持できないことです。
勃起不全は高齢男性においては一般的ですが、年齢に関係なく起こることです。

ペニスの元気がない猿

ときどき勃起を維持することに問題がある程度なら心配ありませんが、勃起不全が継続するならば、ストレスや何らかの原因があるかもしれませんし、男の自尊心に悪影響を与える可能性があります。

私が子供の頃はインポテンツと呼ばれており、勃起不全という言葉は使われておらず、高齢化すると自然な結果と考えられていました。

このような考察は近年変化しています。勃起不全は心理的な問題よりも身体的な問題によって引き起こされることが多く、多くの男性は正常であることが知られています。

勃起、性的な問題について医師と話すことは恥ずかしいかもしれませんが、改善を求めて努力することは男の人生にとって大きな価値があります。

元気でました!

医薬品や手術による勃起不全治療は、多くの男性の性機能を回復させることができるでしょう。

勃起不全(ED)の様々な原因

少し前までは、勃起障害は主に心理的な問題によって引き起こされると考えられる傾向にありましたが、これは真実ではありません。

思考や感情は常に勃起の役割を果たすが、勃起不全は慢性的な健康問題や投薬の副作用などの物理的なものによって引き起こされる可能性があります。

気づいたら最悪なことに

心理的な問題であると放っておくと、原因となっている問題が取り返しのつかないところまで発展してしまう場合があります。

勃起不全になる身体的な原因をあげると、

  • 心臓病
  • 閉塞した血管(アテローム性動脈硬化症)
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肥満
  • メタボリック・シンドローム
  • 特定の処方薬
  • アルコール中毒やその他の薬物乱用
  • 前立腺癌治療
  • パーキンソン病
  • 多発性硬化症
  • 低テストステロンなどのホルモン障害
  • ペイロニー病
  • 骨盤領域に影響する外科手術または傷害

糖尿病

勃起不全の心理的原因

脳は、性的興奮の感情から始まり、勃起を引き起こす一連の身体事象を引き起こす重要な役割を果たします。

多くの心理的要因が性的興奮を妨げ、勃起不全を引き起こします。これらには、

  • うつ病
  • 不安
  • 疲労
  • パートナーとのコミュニケーション問題

などが考えられます。

元気ない歳のせいかな

まとめ

腰が痛いのは脚の疲労が原因であったり、栄養不足やホルモンバランスの異変でうつ病が起こったりするように、症状出る場所と原因の場所は全く違うことが多々あります。

ハゲの原因は毛根にあらず、インポの原因はペニスにあらずです。

慢性的な勃起不全(ED)が起きた場合は年齢や心理的な問題だと決めつけずに、一度病院へ行きましょう。あなたにとってより良い人生を高確率で手に入れられるはずです。

デート

>>>ペニス増大手術【東京近郊】人気クリニック7選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする