ペニスの大きさだけじゃない!【セックスアピール】をしてみよう!

包茎

ペニスの大きさに自信がなくて萎縮してしまっている男性は多いかと思われます。

しかし、ペニスが小さくても女性にモテる男性もいます。モテない男性との決定的な違いはセックスアピールをしていない!もしくは出来ていない!ところにあります。

色々なセックスアピールのあり方について考えていきましょう。

セックスアピールの方法

筋肉のついた腕

腕でセックスアピール

女性は乳房の大きさが大きな武器になりますが、それに対する男性の武器はペニスの大きさ。ではありません。

腕です。男性がつい胸の膨らみに目がいってしまうように、女性は凛々しい筋肉がついた腕につい目がいってしまうようです。

二の腕(上腕)は衣服に隠れてしまう場合が多いので、前腕(肘から手首)をよく鍛えておきましょう。気になる女性がいた場合、軽く袖をめくるだけセックスアピールができてしまう1番簡単で効果も絶大な方法です。

※腕毛の濃い方は脱毛クリームなどで処理された方が、確率的には多くの女性にはウケると思われます。

※腕立て伏せは腕を鍛える方法ではありません。日本語の表し方のせいで腕を鍛えられると勘違いしてしまいますが、体幹を鍛える方法です。また、英語では「push up」といいます。

広い背中、肩幅

背中でセックスアピール

「男は背中で語れ」と昔はよく言われました。時代錯誤でしょうか?それでも大きな背中、肩幅は男性の象徴です。

腕立て、懸垂、水泳などで効果的に鍛えましょう。生まれつき細くて肩幅を大きくならない男性でも、腕立てを毎日100回(3セットで100回でも良い)くらいできるようになればスーツやジャケットの似合う胸板くらいは手に入れられます。

指でセックスアピール

太く長い指はペニスの代わりと言えるほどセックスアピールに繋がります。

こればかりは遺伝的なものでサイズが決まってしまいますが、ある程度は鍛えられるはず。腕立ての時に指を立てる「指立て伏せ」をしましょう。前腕にも負荷がかかりセックスアピール度増大です!

そのほか、爪や汚れの処理などはこまめにおこなうようにしましょう。

太く渋い声

雄叫び

男は声が低く、女は声が高い。これは思い込みによるところが大きいようです。

昔の人たちは「男は男らしく低い声を出さなければいけない。女は女らしく高い声を出さなければいけない。」というステレオタイプの中で育ってきました。

実際、昔に比べ(仕事中はとくに)声の高い男性が増えているようです。また、女性の権力が増していることから、声の低い女性も増えているようです。そして、男性と女性の声の高さには差がなくなりつつあります。

男らしい男が好きな女性にセックスアピールする場合は低く渋い声、井上和彦(声優・美味しんぼの山岡さん)や松田優作(俳優)のような声を意識しましょう。

けっして悟空(野沢雅子)のような声ではウケてもモテません。

汚いようですが、、金には女性だけでなく男性も弱いもの。素直に金のもつパワーを認めましょう。そして一生懸命、金を稼ぎましょう。とくに家庭に入りたい女子には効果的です。今、金がない場合は将来的にお金持ちになるだろうという要素をアピールしましょう。

時には「見せ金」という方法も使えます。普段は銀行に預けてあるお金をいざという時(デートやキャバクラに行く時)にだけ引き下ろし、財布の中に現金を入れておくという手法です。

あからさまに見せつけてはいけません。さりげなく財布にびっしりと詰まった万券を見せると女性の対応(キャバクラにおいては男性スタッフまでも)が変化します。

超金持ってる!

注意点

※見せ金をするための貯金すらないという人は貯金をしましょう。また、いくらお金があるからといって100万も200万も財布に入れている人は少ないです。自分に見合った金額で行いましょう。

金の力

ペニス

これは、私が以前読んだ本に書いてあった技ですが、セックスアピール対象の女性を前にズボンのポッケに手を入れペニスをいじるという方法です。読んでいてこの作者は真面目に何を書いているんだろう?と思ってしまいました‥が、意外と使えます!

注意

性欲の強い女性には効果があるかもしれませんが、真面目な女性には惹かれてしまうでしょう。

また、みんなの前でしたり、頻繁にしていると「あいつはいつもペニスいじってるよね‥」と、噂になってしまいかねません。

女性と二人きりで飲みにいった時などの必殺技として使いましょう。

デート

まとめ

四六時中、セックスアピールしていてはただの女好きだと思われてしまいますが、好きな女性を喜ばせるためには大切な行為です。

セックスアピールの技術を磨いてペニスの大きさをカヴァーしましょう!

セックスアピールするぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする