シリコンボールを入れる理由とは?【デメリットも】

昭和の夜の遊び人たちはペニスに真珠を入れたという話をよく聞きますが。

現代では「シリコンボール」を入れるのが一般的になっています。

シリコンボール

シリコンボールは柔らかくて気持ちいい

ペニスに入れるシリコンボールは「耳たぶ」くらいの柔らかさなので、真珠のようにゴツゴツした接触にはなりません。とても柔らかく優しい接触になることでしょう。

何個くらい入れるの?

1個だけの人もいれば10個以上入れるような人もいます。あまり入れすぎると銭湯などにいった時にジロジロ見られそうですね。

しかし、シリコンボールの形状により、普段(非勃起時)は目立たないタイプのものもあるようです。

一度入れたシリコンボールを取ったりできるの?

ボールの除去はもちろん可能ですが術費もかかります。刺青を入れる覚悟とまでは言いませんが、よく考えてから「シリコンボール」を入れてください。

また、ボールの形状や位置が気に入らなかったため入れ直すかたも多いようです。

費用はいくらくらいするの?

美容クリニックによって違いはありますが、シリコンボール(小)が1個あたり5万円〜が相場です。(安いクリニックで3万円)

その他、術費用などが加わります。

(例)

シリコンボール(50,000円) × 3      150,000円

手術費用              60,000円

消費税               16,800円

合計              226,800円

〜関連記事〜
ペニス増大手術【東京近郊】人気クリニック7選

入院は必要なの?

入院はしません。美容クリニックによっては診療を受けにいった当日におこなえてしまうくらい、お手軽な外科手術です。

また、術後はペニスに激しい刺激を与えると傷口が開いてしまう場合があるので、手術を受ける前に溜めているものはすっきりしておきましょう。

すっきり

手術は痛いんじゃないの?

麻酔の注射がわずかに痛いだけです。

むしろ術後、麻酔が切れてからの方が痛みを伴うでしょう。はやく改造されたペニスを使用したいでしょうが、傷口が開いてしまう場合がありますので、4週間ほどは念のためセックスは控えましょう。

手術後、まんがいち傷口が開いてしまったら?

まんがいちのことに備え、24時間体制でアフターケアをおこなっている美容外科もあります。申し込みの際にしっかり確認しましょう。

※また、24時間体制を謳っている美容クリニックでも年始年末は休院する場合が多いです。

セックスをする時、自分には違和感ないの?

シリコンボールを入れた本人は何も感じません。相手の女性(男性の場合もある)が気持ち良いだけです。

女性はみんな悦びますか?

セックスが大好きな女性には悦ばれますが、根っからの真面目な女性にはひかれてしまう可能性があります。自分のキャラクターや、パートナーのタイプをよく考えてから手術しましょう。

なんて大きいの!?

シリコンボールを入れる理由(メリット)

  • パートナーを悦ばせることができる
  • セックスのマンネリ化を防げる
  • 手術が簡単
  • ヒアルロン酸注入などと違い効果が永続する
  • 不要になってしまった場合でも、再手術で除去が可能
  • 武器を持たずに攻撃力を上げれる

大きい人が好き

シリコンボールのデメリット

  • 相手が真面目な女性だとひかれてしまう
  • 術後、4週間ほどはペニスのお休みが必要
  • 簡単な手術だが安くはない

>>>【関連記事】【ペニス増大】メスを入れない・切らない長茎術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする