ペニスに元気がないというあなたへ【三大欲求の追求こそが生きること】

ペニスに元気ない?

ペニスが元気 = 幸福?

加齢とともに身体は老化していきます。ペニスに元気がなくなってしまうのも必然と言ってしまえばしょうがないでしょう。

しかし、世の中には還暦を迎えてもなお絶倫であったり、バイアグラを使用してでも華麗なるセックスライフを送っている男たちも少なからず存在しているわけです。

疑問

その華麗なるセックスライフが幸福なのかは本人たちにしかわかりません。ただのセックス依存に陥っている場合などもあり、そういうタイプの人間はセックスをしている最中は幸福であっても、それ以外の時間は苦痛や我慢することに満ちた時間になっているのかもしれません。

ペニスが元気 → 幸福!

しかし、ペニスに元気のなくなってしまった男、近くに女性がいない男たちからすると華麗なるセックスライフを送る男たち羨ましいだけの存在です。

「セックスしていないからって幸福だし、別に羨ましくないし。」

と、ひがみ根性になってしまいがちです。

僻む

しかし、ひがみ根性になってしまうと負のスパイラルにハマってしまいます。

「羨ましいものは羨ましい。」

それを素直に認めなければ、あなたは一生、その羨ましいものを手に入れることができなくなってしまう可能性が高まります。

たとえ嫌いな人やライバルであったとしても、

「素晴らしいものは素晴らしい」

と認め、その人を見習ったり勉強したり貪欲に学習することは、ペニス云々を除いて見てもとても大切なことです。

本当の自由な心とは

「認める」ということである

- ゲーテ -

日々学習

ペニスに元気が出ない原因は血行不良がほとんど

時間の経過とともに肉体は老化する。疲労は抜けにくくなり、若い頃のような健康は失われていく。

おおよそ身体の健康の根源となるものは血流です。栄養に富む良質の血を全身に送ることにより、肉体は年齢を超えたパフォーマンスを発揮します。

ペニス機能の改善含め、自分の肉体・頭脳のパフォーマンスを引き出すには血流を良くすることは最重要項目です。

筋トレ

理由

  • プロのアスリートは血液検査を定期的におこない食事やトレーニングを組み立てる
  • 勃起はペニスの充血している状態である
  • バイアグラは脳を介して血管膨張を促す
  • その他、性強剤も一時的な血流促進や継続的な血流促進といった効能

可能であれば、継続的(エートス)な血流改善を目指すのが良いでしょう。アスリートのように肉体を科学的に徹底管理してあげれば、すぐにではありませんがあなたのペニスはきっと蘇ります。

バイアグラやシアリスのように一時的(パトス)に強い効果を発揮するものは、確実に副作用を伴うので良く考えて使用すべきです。

とくに若い方、まだ人生が長い方は薬の力に頼らず健康を整えることにより性欲の向上を目指しましょう。

あなたにできること、

あるいはできると夢見ていることがあれば、

今すぐ始めなさい。

向こう見ずは天才であり、

力であり、

魔法です。

- ゲーテ -

ゲーテは齢72歳にして恋をした

ゲーテ

数々の恋の遍歴を残した文豪・ゲーテですが、ゲーテは72歳にして17歳の少女に恋をしました。そして2年後、74歳のゲーテはその少女に求婚して見事に断られます。

歴史上に残るような天才だからこそ美談になり得る(?)話ですが、200年も昔に82歳まで生き、高齢になってまでも偉大な功績を残した男の性欲はきっと強かったのでしょう。(70過ぎてもペニスが機能したのかは疑問ですが‥)

性欲 = 食欲 = 睡眠欲のバランスが大事

ゲーテがいかに人間的か、高齢になっても猛烈なパフォーマンスを発揮したか。性欲だけが強くても叶うものではないでしょう。人間的な生活のバランス(健康な肉体)が重要です。(ゲーテは躁鬱だったという説が有力なので、精神面では健康的とは言えませんが‥)

【人間の三大欲求】

  • 性欲
  • 食欲
  • 睡眠欲

のバランスを整えることが幸福な人間的に生きるための秘訣です。

食欲と睡眠欲だけ十分満たされているから大丈夫という方は最高の幸福を知らずに生きてしまっていると思いませんか?

別のパターンで性欲と睡眠欲は満たされているから大丈夫と言った方にも疑問を抱きます。

この三大欲求は他人に迷惑をかけない程度なら、いくらでもバランスよく追及するべき欲求です。

そして、追求しなければほんの少しの量しか得られない幸福でもあるわけです。

煩悩を捨てたお坊さんたちですが‥

確かに煩悩を捨てた人間たちの生き方にも魅力がないわけではありません。人間の欲求は度をすぎると醜い争いに発展し無秩序を生み出します。

しかし、日本の歴史的観点から見ると、僧侶も変装を施して遊郭へ行ったり、寺院が集まる場所の近くには陰間茶屋という男娼がいる店が流行ったりと僧侶たちは法律をかい潜ってまで性欲を満たそうとしていたことがわかります。

僧侶

また仏教伝来以来、日本では牛などの食肉文化は良しとされてきませんでしたが、

安土桃山時代に日本へ来たポルトガルの宣教師ルイス・フロイスも、「僧は表向きは肉など食っていないと言っているが、裏では結構食っているらしい」と書き残しています。

という事例や、当時食べたであろうと思われる牛の骨の残骸が発掘された事例があり、食肉文化を完全には駆逐することができなかったようです。

ちなみに睡眠欲に関しては禁欲してしまうと、考えなくてもどうなってしまうかわかりますよね?

禁欲だめっ

三大欲求のバランス、そして追求まとめ

このように欲求を不自然なまでに我慢してもあまり意味はないこと、不自然なまでに我慢した欲求は、違った形や歪んだ形で現れるだけであったりする傾向があること。

人間的倫理観で悪くない範囲の欲求は、とことん追及するのが純粋な人間的幸福に結びつくのではないでしょうか?

元気

ぺニスに元気がないあなたへ

実はこの記事を書いている私もアラフォーになりペニスの元気がなくなりつつあります。

つまり、この文章はこの記事を書いている自分に宛てたものでもあります。

ともに小さな悩みや我慢は一つずつ消していき、人間的幸福を感じれる自分を取り戻しましょう。

人間の最大の罪は

不機嫌である。

–  ゲーテ  –

男の最大の罪は

中折れである。

–  当記事、筆者  –

>>>ペニス増大サプリ成分【成分量でみる人気サプリ一覧】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする