テストステロンとうつ病【ペニスに元気がない人必見!】

テストステロンが男性の身体に与える様々な影響

完全に解明されていませんが、テストステロンと多くの健康問題との関連は、男性の健康において最も興味深い発見の1つです。

テストステロンはヒトが自然に産生するステロイドホルモンです。それは男性と女性の両者とも生産されていますが、一般に男性ホルモンと考えられています。そして、男性は女性よりも平均20倍多くのテストステロンを産みだすことがわかっています。

(※女性にもテストステロン値が高い人がいるようで、政界やビジネスで活躍されている女性はテストステロン値が高い傾向があるようです。)

テストステロン大放出

テストステロンは、男性の性的発達にとって最も重要なホルモンです。これは、一次生殖器の成長、ならびに体毛および筋肉量などの二次的な性的特性の発達に大きな役割を果たします。

さらに、テストステロンは、男性全体の健康状態と強く関連しているようですが、この関連についての詳細は依然として謎のままです。

低テストステロンは糖尿病やメタボとの深い関係も

低テストステロンは、55歳以上の男性の約30%に現れる状態です。糖尿病、高血圧または肥満を患っている男性は、異常に低いテストステロン値を計測する場合が高いようです。

テストステロン値が低い男性は、糖尿病またはメタボリックシンドロームを有する可能性が高い、もしくは発症する可能性が高い。

しかし、これらの病気がなぜ、低テストステロンにより引き起こされるかは、研究者が依然として取り組んでいることです。

メタボリックシンドローム

もしくは逆に、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの状態、または一般的に健康状態が悪いと、テストステロンレベルが低下する可能性があるということです。

また他の可能性も考えられます。低テストステロンと糖尿病の両方が他の要因によって引き起こされるている可能性もあります。

うつ病と低テストステロン

うつ病は、テストステロン値が低いことと強く結びついている重大な健康問題のもう一つです。

元気ない歳のせいかな

糖尿病やメタボリックシンドロームのような症状のように、テストステロンが低い男性はうつ病を発症する可能性が高く、うつ病の男性はテストステロン値が低い傾向があります。他の状態と同様に、これらの健康問題の正確な原因と効果の関係はかんぜんには解明されていません。

1つの混乱する要因は、低テストステロンの判明している効果のいくつかは、うつ病の症状であるか、または症状のように見えることがあるということである。

男性がこの重要なホルモンのレベルが低い場合、疲労感、過敏性の増大、性行為の減退を経験するでしょう。これらの症状はうつ病の一般的な症状でもあります。

低テストステロンの男性がうつ病に陥り安いという仮説については、いくつかの説明が考えられます。1つの可能性は、過敏性および性欲の減退など低テストステロンの判明している症状が、男性の気分を苦しめる原因となるため、真のうつ病に発展する可能性があるということです。

自信ない

マウスの低テストステロンの研究では、テストステロン値が実際に脳のセロトニンレベルに直接影響を及ぼす可能性があることがわかっています。セロトニンはもう一つの天然ホルモンであり、その多くの役割の一つは気分を調節することです。

ヒトは加齢により、体が産生するセロトニンを吸収する能力が低下します。低テストステロンがセロトニンレベルを低下させる場合、加齢による男性の低テストステロンがうつ病を引き起こしてしまうことでしょう。

【関連記事】
>>>【テストステロン増大サプリ】ペニトリンMAXとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする