包茎手術には健康保険が使えます【メリット・デメリット】

少しお高いイメージのある包茎手術、実は泌尿器科へ行けば健康保険を使ってお手軽に治療ができます。

包茎治療・健康保険の対象

  • 真性包茎
  • カントン包茎

包茎の種類

残念ながら、仮性包茎は保険治療の対象にはなりません。健康保険は病気を治すためのものであるので、仮性包茎は範囲外になってしまうようです。

健康保険を使用した場合の治療費

泌尿器科の場合、健康保険3割負担であれば¥7,000ほどで済んでしまいます。もし、その他の治療・お薬代などが加わってしまったとしても、最大3〜4万あれば大丈夫なようです。

美容クリニックでは術法によりますが、10万〜30万円かかりますので歴然の差です。

なぜ、こんなに違うのでしょう?なぜ、皆さん泌尿器科へ行かないのでしょうか?

疑問

包茎治療・保険治療のデメリット

保険治療では仮性包茎にしてくれるだけ

泌尿器科ではあくまで病気を治すための治療になってしまうようです。

泌尿器科で包茎治療を受けようとした患者が「真性包茎(病気あつかい)を仮性包茎(病気ではない)にするのが保険診療の目的ですよ。」と医師に言われたという話もあります。

術後に傷跡などが残る

また、手術後に傷跡などが残ってしまう場合があるようです。そのため美容クリニックでは包茎手術による傷跡を治す治療を行なっています。

絶望

まとめ

たしかに数万円の代金だけで、美しいペニスを手に入れようという考えが間違えでした。医師の立場になって考えてみればわかりますよね。

しかし、いくら綺麗に仕上がるからといって包茎治療に30万円払うのは気が引けてしまいます。真性包茎やカントン包茎で早めに対処がしたいがお金がないという方は泌尿器科へ行かれるのが良いでしょう。

仮性包茎でも通常の生活やセックスにはまったく問題がありません。

どうしても、気になる方はお金に余裕ができたのち美容外科にて包茎治療(形成手術)を受けるのが良いでしょう。また、術法に関する相談や見積もりだけでも無料で行っている美容クリニックも多々あるので利用されてみるのも良いかもしれません。

無料診断

>>>包茎手術(割礼)のメリット・デメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする